女性の薄毛は何が原因なのでしょうか

女性は男性と比べると、薄毛の心配はあまりないと言われます。ATGのように若い頃から薄くなることはほとんどありません。男性の薄毛の原因は髪の毛の成長のサイクルが短くなり、十分に育たないうちに抜けていまいます。

それに対して、女性の場合には髪の毛が生えてくるまでの休止期間が長くなってしまい、薄毛になると言われています。発毛があれば十分育ちますが、発毛してくるまでの期間が長くなりそのため、薄毛になってしまうのですね。普通は加齢とともに薄毛になってくるのは当然のことです。

しかし近年は抜け毛で悩む女性も増加していると言われます。若い女性で薄毛になる原因としては、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足、ダイエットなどが挙げられます。女性の社会進出とともに様々な薄毛の要因が現れてきたのでしょうね。また更年期障害や妊娠、出産、育児でホルモンがアンバランスとなり薄毛になる場合もあります。

これらは女性の特有の原因ということができます。女性の薄毛対策としては女性ホルモンのバランスを取ることが重要であると言われています。そのため女性ホルモンを含んだ女性専用の発毛剤が販売されている他、女性ホルモンのバランスを取るサプリメントも発売されています。

また女性ホルモンのバランスを整える方法としては腸内環境を良好にすることも必要です。納豆やヨーグルト、キムチ、チーズなどの食品を摂る事が重要です。ジョギングやウォーキングなどの適度な運動を毎日定期的に行うことも、ホルモンのバランスを整えるためには良いことです。

ページのトップへ