頭皮も肌と同様ドライ系の人とオイリー系の人がいます

肌には脂症の人や乾燥肌の人がいますが、同様に頭皮もドライ系の人とオイリー系の人がいます。洗髪についてはそのやり方を考えると同時に、自分の頭皮の質に合ったシャンプー剤を使う必要があります。

さもないとせっかく正しいシャンプーの方法を行っても、薄毛が改善しない場合も往々にしてあります。オイリータイプの頭皮の人はシャンプーをして2日もすると髪の毛がべたついてきます。

このような人は皮脂が多いので、抜け毛や薄毛になりやすいとも言われます。シャンプーの皮脂を抑えるオイリータイプ専用のシャンプーを使うことがよいでしょう。皮脂の分泌を抑えることで、毛穴に詰まった脂分を落とし、髪の毛にコシやボリューム感を与えてくれます。ドライタイプの頭皮の人は皮脂が少ないので、髪はあまりべたついてきません。

しかし髪が乾燥しがちなため傷みやすく、枝毛などが発生しやすいと言えます。このような頭皮の人は脂分が多少配合されたシャンプーを使うことがよいでしょう。乾燥した頭皮に潤いを与え保湿をしてくれます。ノーマルタイプの頭皮の人は髪をさほど頻繁に洗わなくとも、べたついたり枝毛が起きることはありません。

一般的なシャンプーを使えば良いですが、なるべくアミノ酸系のシャンプーを使うほうがよいでしょう。アミノ酸系のシャンプーは髪の毛と同じ成分ですので、髪の毛に優しく、程よく皮脂を残すのが特徴です。自分の頭皮の質を知り、それにあったシャンプーを使用することが、発毛対策の第一歩ということが出来るでしょう。

ページのトップへ