男性に特有な男性型脱毛症

男性のみがなる薄毛には、男性型脱毛症(ATG)があります。一般的には薄毛は加齢に従って起こってくるものですが、ATGの場合には早い人で20代の後半から薄毛が始まります。

この原因とされているのが、遺伝やホルモンのアンバランスで、これが薄毛を引き起こすと考えられています。確かに薄毛の友人宅におじゃまをして、父親や祖父も薄毛であったというようなことがありますよね。

これはATGが遺伝しているのでしょうね。ATGはDHTという物質が影響していると言われます。この物質が作用して髪の成長サイクルが短くなり、太く成長する前に抜け落ちてしまうのですね。そして発育の悪い細い髪の毛が多くなることにより、薄毛が目立ってしまいます。ATGの薄毛の特徴は生え際が後退してきたり、頭頂部が薄くなってきます。いわゆるM字型のハゲですね。

ATGの薄毛はどんどん進行します。それゆえ早めの対策が必要になってきます。人生の一番華やかな時期に、下を向き劣等感を持っていたのでは楽しくないですよね。劣等感を持っていたのでは社会に出ても堂々と振る舞えず、出世もできなくなってしまうのではないでしょうか。とくに肉親に薄毛の人がいる場合には、早めに発毛対策を打つことが必要です。

ATGが進行し始めの頃には、薄毛であってもまだうぶ毛が残されています。毛包があれば、髪の毛が発育し太く強くなる可能性が残されています。その対策は様々な方法が有りますので、いくつかの方法を並行的に実施していくことが良いとされています。諦めてはいけません。

ページのトップへ