十分な睡眠を取ることは大事なことです

現代は睡眠不足の人が増えているといいます。寝る間も惜しんで仕事をする人もいますし、アフター5に遊びを楽しむ人もいるでしょう。

睡眠不足も厭わずに、青年の特権とばかり仕事でも遊びでも、頑張る人もいることでしょうね。また環境的にも会社が遠くて睡眠が取れない人や、住宅の環境が悪くて睡眠不足になる人もいるでしょうね。この睡眠不足が髪の毛に悪い影響を与えるということをご存知でしょうか。

もちろん遺伝子が影響するATGが薄毛の一番の原因と言われていますが、睡眠の影響も大きい訳ですね。成長ホルモンは成長したり筋肉の再生だけに使用されるだけでなく、発毛にも必要なものです。この成長ホルモンというものは寝ている時に一番分泌されると言われています。特に多く分泌されるのが20時から夜の2時ころにかけて。

副交感神経が最も活発に働き成長ホルモンが分泌されやすい時間帯なのですね。しかし成長ホルモンはまずは重要な筋肉細胞や他の臓器に対して優先的に使用されます。髪の毛に栄養が行き渡るのは後回しにされてしまいます。ですから髪の毛に栄養が行き渡るよう、十分な成長ホルモンを分泌させる必要があり、そこで十分な睡眠が必要になってくるのですね。

なかなか難しいですが、髪の毛に心配な人は特にこの時間にきちんと寝るように対策をしておきたいですね。また横になることで心臓と頭が同じ高さになり、血液が頭皮に行きやすくなるわけですね。早寝早起きは3文の特と言われますが、こんなところにもメリットが有るわけですね。

ページのトップへ