過度の飲酒やタバコは体だけでなく毛髪にも悪影響を与えます

社会生活を営んでいると、酒やタバコを飲む習慣がつきやすくなりますよね。どうしても付き合いや仕事の関係でお酒を飲んたり、疲れた時の至福のときをタバコを嗜むことも必要なことかもしれませんね。

しかし過度の飲酒やヘビースモーキングの習慣は髪の毛に悪影響を与えます。お酒の主成分はアルコールですが、アルコールを摂ると肝臓で分解されます。

その時に使われるのがビタミンB群、特にビタミンB2やビタミンB6は髪の毛を生成するのに必要な成分。それが浪費され、栄養分が髪の毛に行き届かなくなります。また階の家の主成分はアミノ酸ですがこれもアルコールを分解するときに使われ、髪の毛に必要な栄養分が不足してしまいます。

ですから適度の飲酒は百薬の長ともいわれ、ストレスも解消しますが、過度の飲酒は肝臓に負担がかかり良いことはありませんね。飲酒はほどほどにして休肝日を作ることが必要ですね。タバコが毛髪に悪い理由は、タバコの成分であるニコチンが血管を収縮することです。血行が悪化することによって、頭皮に栄養分が供給できなくなるために、発毛ができなくなり薄毛になってしまうのですね。

また喫煙は血液中の悪玉コレステロールを増加させるので、その対策として体内でタウリンを生成します。そのタウリンを生成するためにはアミノ酸が必要になり、髪の毛に必要な栄養分が不足しています。

近年はタバコを吸う人が減ってきましたが、なかなかタバコをやめられない人も多いようですよね。髪の毛にも身体にも悪いタバコはほどほどにしましょう。

HARG療法の口コミ、病院検索

ページのトップへ