まずは薄毛の原因を特定しましょう

薄毛と一口に言っても若い頃から始まるものや年齢相応にうすくなる人、突然薄くなる人などその症状は様々あります。年齢相応に薄くなる人は別として、薄毛にはその原因があり早めに対処することが大事です。

若くしてなる男性型脱毛症は遺伝子が原因とされていますが、症状は頭頂部および前頭部が薄くなっていきます。ATGについては早めの対応が特に必要で、それにより進行を遅らせ、発毛させることが可能になってきます。

発毛剤には塗布するタイプのミノキシジル、飲み薬のプロペシアがよく知られています。できれば併用して用いることで効果がアップすることが期待できます。

しかし共に本来は別の治療を目的としたく薬ですので、副作用が起きる場合もあり、医師の指示を守って使用しなければなりません。円形脱毛症はストレスなどの精神的なショックが原因とされますが、これは一カ所だけでなく幾つかできる場合もあります。円形脱毛症は自然治癒する場合も多いようですが、副腎皮質ステロイド薬による治療が効果があるとされています。

他にはひこう性脱毛症、脂漏性脱毛症などが原因で頭皮が荒れたり薄毛になってしまう場合もあります。これは不適切なヘアケアが原因であり場合が多く、シャンプーの回数や、洗い方、シャンプー剤の選び方などを考える必要があります。しかしひどい症状の場合には早めに医師の診断を受け適切な薬を処方してもらうことが必要です。いずれにしても薄毛の原因は様々あり、その症状にあった対策を行うことが大事です。薄毛の治療には時間がかかりますので長い目で治療するようにしましょう。

ページのトップへ